三田市観光協会

 

川本幸民

日本で初めてビールの醸造やマッチの製造、写真撮影に成功した川本幸民は三田で生まれ育ちました。幼い頃から勉学に励み、江戸で蘭学や医学を学びました。その後、洋書を翻訳する時「舎密(せいみ)学」を「化学」という言葉に改めたことから、日本化学の祖と呼ばれるようになりました。三田に戻ってからは英蘭塾を開き近代化を担った多くの人材を輩出しました。 詳しくはコチラ→ ・http://www.jttk.zaq.ne.jp/rekinetsanda/ ・http://www.city.sanda.lg.jp/koumin/index.html

 

白洲次郎

三田藩主・九鬼隆義のブレーンとして藩の舵取りを行った白洲退蔵の孫である白洲次郎。イギリスのケンブリッジ大学に留学し、帰国後、英字新聞記者や貿易会社を経て吉田茂首相の側近として連合国軍総司令部と対等に渡り合い、日本の復興に尽力しました。私利私欲に溺れず、弱い者に常に優しかった次郎は誰からも愛され「葬式無用・戒名不要」という遺言をのこし、強烈な個性で20世紀を駆け抜けました。 詳しくはコチラ→ http://www.jttk.zaq.ne.jp/rekinetsanda/

 

九鬼家

九鬼嘉隆は九鬼水軍を率いて織田信長や豊臣秀吉に仕え、志摩の鳥羽に三万五千石を領する戦国時代の大名でした。孫の久隆は鳥羽から三田へ所替えとなり、以降明治の廃藩置県まで約240年近く13代に渡って続いた九鬼三田家の藩祖となりました。教育振興に力を注いだ隆國は名君として名高く、藩校の造士館からは幕末から明治にかけて多くの人材を輩出しました。三田藩最後の藩主となった隆義は西洋文化に関心が高く、牛肉やパン食、洋服、椅子などの洋風生活にもなじみ、藩士にキリスト教を広めました。

詳しくはコチラ→ ・http://www.jttk.zaq.ne.jp/rekinetsanda/ ・http://www.city.sanda.lg.jp/gakushuu/20100807-3.html

 

福澤諭吉

川本幸民を通じて藩主・九鬼隆義以下、三田藩士と親交があり三田からも沢山の若者が慶応義塾に入学し、社会へと羽ばたいていきました。明治維新後、三田藩の今後の進路を聞かれた諭吉は「これからは商売に生きるべきでは?」と助言し、三田藩の行き方に強い影響を与えました。 詳しくはコチラ→ http://www.jttk.zaq.ne.jp/rekinetsanda/

 

古三田青磁

三田焼には青磁、赤絵、呉須、染付があります。その中でも古三田青磁は中国青磁に比べても遜色なく「まぼろしの青磁」とか「日本で最も優れた青磁」と絶賛されてきました。古三田青磁は江戸中期に三田の豪商・神田惣兵衛と名工・欽古堂亀祐によって基礎が固められました。 詳しくはコチラ→ http://homepage2.nifty.com/miwakaikan/ donnna/sandaseiji/sanndaseij004.html

 

三田鈴鹿竹器

良質な竹を求めて訪れた四国讃岐の竹細工職人が技術を伝えたのが起こりで、江戸時代中期から広く名が知られています。繊細な技術によって生み出される竹器は見た目の美しさだけでなくとても実用的です。平成9年には兵庫県の伝統的工芸品に指定されました。

詳しくはコチラ→ http://web.pref.hyogo.jp/ie07/ie07_000000045.html

 

百石踊り(駒宇佐八幡神社)

文亀3年(1503年)奉納以来、約500年近い歴史をもつ県指定の無形文化財の雨乞い行事です。毎年11月23日の新嘗祭当日、午後の宮入りの後、約20分間奉納されます。

詳しくはコチラ→ ・http://www.city.sanda.lg.jp/gakushuu/momoishiodori.htmlhttp://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/historystation/festival/html/049exp.html

 

お練り(八坂神社)

翌日の秋祭に先立ち、宵宮の夜、歌舞伎衣裳に身を包み化粧をした「練り子」が締め太鼓などに合わせて忠臣蔵などの振り真似をしながら練り込んでいきます。

詳しくはコチラ→ http://club.kobe-np.co.jp/mint/article/odekake/akimatsuri2009101209.html

 

稲引き・樽引き神事(加茂神社)

神社大祭の宵宮に行われる「稲引・樽引」の神事は家内安全や豊作祈願といわれています。この神事は、夜に入り松明火の中で稲束の争奪や酒樽割りが勇壮に繰り広げられます。

詳しくはコチラ→ http://www.city.sanda.lg.jp/gakushuu/kobammochi.html

 

千本搗き(高売布神社)

その年に生まれた子どもの健康を祈願して歌う礎場搗唄(いしばつきうた)の節に合わせて御供餅を搗く珍しい行事です。本殿の木造狛犬は国指定の重要文化財に指定されています。

詳しくはコチラ→ http://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/historystation/festival/html/036exp.html