さんだ桜まつり2021


さんだまつり2021

桜の開花状況やさんだ桜まつりの準備状況などについて随時HPで更新します。

20210302     ~桜イベントを一挙紹介!~

                      三田市広報誌「広報さんだ3月号より」(PDF)

20210301  サクラサクさんだの春がやってくる(三田市HPにリンクします)

20210222  「さんだ桜まつり2021」チラシ

20210219  イベント開催

20210219  武庫川さくらと灯りのプロムナード

20210219  「幻の三田城」PRイベント

20210219  春のさんだ花巡りタクシーツアー

20210219  さんだ観光ガイドと歩く「さくらと歴史をめぐるツアー」

20210219  さんだ春のスタンプラリー

20210219  さんだ桜の名所案内と桜の写真展

※このメニューは予告なく変更する場合があります


<イベント開催>

1.目  的     

武庫川沿いに連なる桜並木のうち、最も美しい郷の音ホール周辺を観光資源とし、新型コロナウィルス感染症の拡大防止策を徹底しながら、分散集客型のイベント「さんだ桜まつり 2021」を開催します。期間を通じて三田市の桜の魅力を広く紹介し、間接的に観光客誘致促進を図ることを目的とします。

2.開催期間   

令和3年4月1日(木)~4月7日(水)(予定)(※桜の開花状況により開催期間が変更になります。)

3.会  場  三田市総合文化センター(郷の音ホール)周辺

4.主      催  三田市観光協会

5.後      援  三田市

6.協  力

有馬富士公園管理事務所、三田市川柳協会、三田市美術協会、三田俳句協会、市立三田保育所

7.来場者数  5,000人(1週間の予測)

8.実施内容  以下の通りです

<戻る>


<武庫川さくらと灯りのプロムナード>

4月1日(木)~4月7日(水)(予定)

武庫川さくらと灯りのプロムナード     

約500mの桜並木にチェリーボンボリ約180個を設置し、5基の投光器により、午後6時~午後9時まで桜のライトアップを行います。また、三田市川柳協会による川柳や三田俳句協会による俳句等の短冊も設置します。

桜のイルミネーション

郷の音ホールのふれあい広場周辺に、ピンクのLED電球で桜のトンネルを設置し、落葉樹にピンクのつらら等を設置します。ふれあい広場では光りのオブジェや一面にLED電球でイルミネーションを設置します。点灯時間は午後6時~午後9時とします。なお、桜のトンネルには三田保育所園児が制作したペットボトルボンボリを展示します。

ミニ三田城        (写真は組立前の未完成の3階・4階です。これから「しゃちほこ」を付けます。1階・2階は当日のお楽しみ!)

基本的に上記イルミネーションの一環で、桜のトンネルの近くにミニ三田城を設置し、同時間帯でライトアップをします。写真撮影スポットも設置します。

<戻る>


<「幻の三田城」PRイベント>

現在の県立有馬高等学校の場所には、江戸時代の初めまで「三田城」がありました。そして、三田城とその周辺は、城の台所を支える城下町でした。三田城は戦国時代までは有馬氏の代々の居城でした。戦国時代の終わりに摂津一円に勢力を伸ばした荒木氏の家来荒木重堅(平太夫)が三田城と城下町をととのえ、安土桃山時代には、山崎片家(左馬之助)、家盛が2代にわたり三田を治め、今の城下町の原形ができました。江戸時代の絵図面には、現在の有馬高校体育館周辺に「天守跡」が見られます。また、発掘調査では、多量の屋根瓦とともに鯱(しゃち)瓦が出土しています。このころに三田城に天守があったことが想像できます。その後、江戸時代には有馬氏、松平氏と九鬼氏が三田に来るまで城主は交代しました。江戸時代の九鬼氏の時代は石高3万6千石となりましたが、城は廃城となり新たに「三田陣屋」がおかれました。(三田市教育委員会資料より)

4月3日(土)10時~15時、

 4月4日(日)10時~15時

「幻の三田城」のPRイベント  (写真は「幻の三田城天守」のペーパークラフトを完成させたものです。模型は安土桃山時代の幻の三田城天守を想像したものです。詳しい資料がないため、当時の代表的な「望楼型」天守の形式を採用したイメージモデルです。幻の三田城の天守を想像してみてください。(三田市教育委員会資料より)

上記イルミネーションでライトアップするほか、3日(土)、4日(日)については午前10時~午後3時まで、ミニ三田城横のテントにて小学生向け「幻の三田城ペーパークラフト」「桜のペットボトルボンボリづくり」を行います。三密を考慮し、参加人数は各日限定20名とします。マスク着用・体温測定・手指消毒・除菌シートで拭き取りなど可能な限りの感染予防対策を講じます。そのほか、ペーパークラフトの配布、桜マップの配布等を行います。

<戻る>


分散型集客イベント概要=


<春のさんだ花巡りタクシーツアー>

4月1日(木)〜4月25日(日)10時~15時30分

春のさんだ花巡りタクシーツアー

5つのコースで、桜をメインとして花巡りを体験できる日帰りツアーを実施します。 申し込み・問合せ:各ツアー実施日の10日前までに神姫観光株式会社小野支店(TEL:0794-70-7106)ツアー実施時間:10:00~15:30

予約受付開始は、3月1日(月)10:00~ 


藍本桜コース:三田駅→波田のしだれ桜(見学)→藍本桜づつみ回廊岩倉橋(車窓見学)→烏帽子桜(車窓見学)→三牛志藍屋(食事)→風のミュージアム→お土産店

4月8日(木)〜4月11日(日)


武庫川桜コース:三田駅→天満神社・天神公園(散策)→ガラス工芸館(サンドブラスト体験)→ やわらぎ(食事)→武庫川さくら回廊散策(郷の音ホール〜御殿橋)→お土産店

4月2日(金)〜5日(月)


小柿・高平桜とアマゴ釣りコース:三田駅→小柿渓流つり場アマゴ釣り→つくしの里(桜スポット)→木器亭(食事)→花山乃湯(または風のミュージアム)→お土産店

4月1日(木)・2日(金)・5日(月)

・8日(木)・9日(金)


花のじゅうたんコース:三田駅→永沢寺そば道場(そば打ち体験)→花のじゅうたん→永澤寺→峠の茶屋 一軒家(わらび餅)→お土産店

4月20日(火)・22日(木)・23日(金)

・27日(火)


つつじ見学と陶芸体験コース:三田駅→三輪明神窯史跡園(陶芸体験)→ブラッスリーアジャン→心月院(つつじ見学)→旧九鬼家住宅資料館・ふるさと学習館→お土産店

4月24日(土)・25日(日)

<戻る>


さんだ観光ガイドと歩く「さくらと歴史をめぐるツアー」>

4/2(金)〜4/7(水)、4/5(月)は除く。

 9時30分〜12時30分

さんだ観光ガイドと歩く「さくらと歴史をめぐるツアー」  

さんだ観光ガイドと一緒に歩き、桜と歴史を巡ります。(お土産付き)参加費600円

平日5名・土日10名

申し込み・問合せ:実施日の7日前までに三田市総合案内所(TEL:079-563-0039)へ参加者全員の住所、氏名、電話番号をお知らせください。

コース:三田駅→車瀬橋→旧九鬼家資料館・ふるさと学習館→三田城跡→天満神社・天神公園→三田駅

<戻る>


さんだ春のスタンプラリー>

4月1日(木)〜6月30日(水)

 

さんだ春のスタンプラリー.PDF

スタンプラリー参加店(50店)を巡るスタンプラリー。スタンプを4つ集めると三田牛などの特産品等が当たる抽選会に参加できます。

<戻る>


さんだ桜の名所案内と桜の写真展>

3月15日(月)〜4月15日(木)

さんだ桜の名所案内と桜の写真展   

観光協会主催「さんだの観光写真募集」等から三田市内の桜の写真を選び展示します。

展示場所:三田市役所1階シティセールスコーナー

<戻る>